噛み合わせって大事?つづき♪岡本歯科ロコクリニック

LINE
お問い合わせはこちら

噛み合わせって大事?つづき♪岡本歯科ロコクリニック

噛み合わせって大事?つづき♪岡本歯科ロコクリニック

2021/05/11

噛み合わせって大事?つづき♪

JR摂津本山駅近くの歯医者さん。岡本歯科ロコクリニックです!

噛み合わせが引き起こすトラブルに知覚過敏があります。噛み合わせの衝撃が蓄積されて、歯ぐきのすぐそばの歯がクサビ状に擦り減りやすくなるのです。進行すると象牙質が露出するため知覚過敏を起こしますが、ケースによっては噛み合わせを調整すると知覚過敏が治ることよくあります。

噛み合わせの調整で歯を削るとなんだか余計しみるような気がしますが、調整で削る部分はエナメル質という部分で、削っても何も感じることができない部分です。さらに削ることに敏感になりすぎて、調整が原因でしみるようになっていると勘違いすることもありますが、実は削る量が不十分なために知覚過敏が治らないこともあります。

噛み合わせが原因で最初に起こる症状は、多くの場合「違和感」です。違和感は、噛み合わせのずれを早期発見することにつながります。違和感程度であれば、少し歯を削って調整するだけで完治することもあります。

違和感を放置すると次第に痛みや腫れ、しみるなどの自覚症状現れてきます。ひどくなると噛み合わせで起こる強い力によって徐々にダメージが蓄積され、最悪の場合抜歯しか治療法がないこともあります。

噛み合わせのずれが体の許容範囲を超えてしまうと、自然回復は望めなくなります。そこでなるべく早い段階で修正を行なえば、大きなトラブルを未然に防ぐことができます。そのためには、定期的検診などで歯周病と噛み合わせのチェックを行なっていけば安心です。


年齢とともに歯の本数が減少する傾向が出てきますが、本数が減れば当然1本にかかる負担が増加していくため、余分な力を受け止める余裕が無くなり、トラブルを起こしやすくなります。歯が自分の噛む力に負けてしまうのを防ぐためにも、僅かに歯を削るだけでトラブルを未然に防ぐことができる噛み合わせの調整が大切になってくるのです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。