JR摂津本山駅の岡本歯科ロコクリニックが語る『子どもの歯』

LINE
お問い合わせはこちら

JR摂津本山駅の岡本歯科ロコクリニックが語る『子どもの歯』

JR摂津本山駅の岡本歯科ロコクリニックが語る『子どもの歯』

2020/09/15

JR摂津本山駅の岡本歯科ロコクリニックが語る『子どもの歯』

6歳臼歯や仕上げ磨きに困った方へ

タイトル:お子さんの歯について

神戸市東灘区岡本にある歯医者さん、JR摂津本山駅から徒歩2分の岡本歯科ロコクリニックです。
今日はお子さんの歯についてです。
大人はなんとなくわかっていることも多いかと思いますが、お子さんは自分の歯のことをどのぐらいわかっているでしょう?

いったい自分の歯は何本あるのか?

生えているのは子供の歯なのか大人の歯なのか?

など、自分でわかっている子は少ないと思います。
丁度、6歳くらいで6歳臼歯という大人の歯が生えてきます。
この歯は子供の歯の一番奥の歯のさらに後ろから生えてくるので歯磨きがとっても難しい場所です。

でも、この6才臼歯は噛み合わせに重要な役割を果たしますし
食べるにしても運動をするにしても、本当に重要となる歯なんです。
ぜひ仕上げ磨きでも、この歯は念入りにしっかり磨いてほしいです。
歯磨きのポイントなのですが、奥歯だけでなく、前歯の磨き方、裏側や歯と歯茎の間のところ…磨き残してほしくないところは沢山あります。
説明をここでするよりも、定期健診でハブラシの持ち方や毛先の向け方の練習を衛生士さんと一緒にして、基本的な磨き方を再度確認することが重要だと思います。

「 歯 」というものが何なのか。
どんな役割をしていて、どうして大切なのか。ぜひお子さんとお話してみてほしいです。
仕上げ磨きは永久歯が生え揃う
12〜14才までしてあげられると理想ですが
現実は、思春期だったり生活リズムの変化で
なかなか難しいものです。
なので、まだ仕上げ磨きをさせてくれる
仕上げ磨きがしやすい時期に
歯の大切さや磨き方を本人に認識してもらい
「 自分の歯を自分で守る 」
ということが出来たらいいなと思います。
 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。